現在位置 :トップページ一般質問要旨 › 一般質問要旨

一般質問要旨

会議名
令和元年 9月 定例会(第3回)
質問日
令和元年9月18日
区分
一般質問
議員名
大沢えみ子 (日本共産党)
会議録を表示
録画配信を表示

要旨

1.シティプロモーション
(1)観光施策の充実
【1】旧中央公民館等跡地施設の整備状況と今後の活用についての具体策は。
【2】レンタサイクルの整備と活用について今後の見通しは。
【3】大型バスの乗降場と駐車場の整備について市の見解は。
2.サピオ稲荷山
(1)民営化の方針について
【1】サウンディング(市場)調査の結果はどのようであったか。
【2】結果を受けて市の見解は。
【3】サピオ稲荷山の意義をどのように捉えているか。
3.公民館
(1)公民館の利用拡大
【1】公民館の目的外利用として「個人利用」を可能にすべきと考えるが、見解は。

―――質問と答弁の要旨―――
◆サピオ稲荷山は重要な健康づくりの拠点
Q1 サピオ稲荷山は他市の市民の利用が多いというが、一番利用しているのは狭山市民ではないか。ダイアプラン構成市の利用状況は。
A1 平成30年度のダイアプラン4市の市民の利用割合は、狭山市民が44.7%で、入間市民が26.3%、所沢市民が17.9%、飯能市民が7.5%であり、狭山市以外の3市の市民の利用が51.7%となっている。

Q2 市場調査の結果では「現状のまま引き受ける事業者」は無かった。「民営化方針」を見直しするべきではないか。今後どう対応するのか。
A2 現在、より詳細にサウンディング調査を実施しており、改修費用の負担のあり方をヒアリングするとともに利用料金などの制約の是非についても意向確認し、これらを踏まえて実現可能な民営化の方向を明確にする予定である。

Q3 健康づくりを行うと医療費が10万円削減されるというデータがある。健康づくりの観点でサピオ稲荷山の意義を調査したことはあるか。
A3 30年度の利用者満足度調査の結果、利用者の74%が満足と回答しており、これらの方々はサピオ稲荷山の利用がご自身の健康の維持増進に良い影響を及ぼしていると考えている。

Q4 観光や一般市民の利用も想定して、レンタサイクル事業(電動自転車を含む)を実施してほしいが考えは。
A4 レンタサイクルは、観光客の回遊性を高め、長時間の滞在にもつながり、経済的効果が期待できるが、事業の採算性の確保や自転車専用レーンの整備などの課題があるため、先進地の導入事例などを参考に調査研究していきたい。

Q5 観光の充実のために、大型バスの乗降場所や駐車場を整備し積極的に受け入れては。
A5 市内の観光施設の充実を図るうえで、大型観光バスの駐車場の利用が高まることが想定されるため、当該駐車場に適する場所の調査や利用の可能性について研究していきたい。

Copyright(c) 2014- 狭山市議会 Sayama City Council. All Rights Reserved.